フロアコーティングの種類パーフェクトガイド
目的・予算にあったフロアコーティング選びをサポート

サイトマップ

おすすめのフロアコーティング適性診断

どのフロアコーティングを選ぶべき?簡単な診断チェックで、おすすめの種類が分かります

目的別に分かるおすすめフロアコーティングの種類

【項目1】フロアコーティングの目的

□ピカピカな床の部屋ですごしたい

□床を傷や汚れから守りたい

<アドバイス>
美観と耐久性の両方を重視するなら、ガラスコーティングが有力な選択肢のひとつです。

【項目2】小さい子ども、年寄りと暮らしている

□暮らしている

□暮らしていない

<アドバイス>
子どもやお年寄り、あるいはペットがいる家庭では、床が滑りにくく、足腰への負担が少ない種類を選ぶことをおすすめします。すべりにくいとされるのはウレタンコーティングUVコーティングは適度なグリップ感が特徴。

【項目3】こぼれた食べ物や飲み物を水ぶきで掃除したい

□掃除したい

□そうでもない

<アドバイス>
ワックスでコーティングしたら、水ぶき掃除はNG。ワックスが剥がれてしまいます。水ぶきでよごれをすっきりさせたいなら、撥水効果があって水に強いシリコンコーティング同じくUVコーティングが有力候補。

【項目4】日焼けでフローリングが変色するのを防ぎたい

□防ぎたい

□気にならない

<アドバイス>
ウレタンシリコンガラスコーティングのなかには、UVカット剤を入れているものがあります。UVカット剤があれば紫外線による劣化を遅らせることができますから、フローリング表面の退色、黄ばみなどの日焼けを予防してくれます。

【項目5】床の仕上がりはツヤありツヤなしのどちらが好きですか

□ツヤありが好き

□ツヤなしが好き

<アドバイス>
控えめなツヤにしたいならウレタン適度にツヤが欲しいならシリコン派手なツヤならUVコーティングといった具合にコーティング方法によって、ツヤに関する特徴が異なります。

【項目6】品質のいいほうと価格が安いほうどちらを選びますか

□品質のいいほう

□価格が安いほう

<アドバイス>
フロアコーティングの種類で価格は大きく変わりますが、ひとつ大原則があります。それはいろいろな性能の中でも、耐久性は価格と比例するということです。フローリングの美しさを長く保とうとすればするほど、費用は高くなります。

【項目7】新しい状態がどれほど保たれることを望みますか

□3ヶ月~6ヶ月程度

□1年から3年程度

□5年程度

□10年以上

<アドバイス>
比較的リーズナブルなウレタンコストパフォーマンスのよいシリコンコーティングで5年前後、最近人気のガラスコーティングで5~10年、UVコーティングで20年が耐用年数の目安となります。

~ご確認ください~
このサイトに掲載している内容は、インターネット等の情報をもとに個人が独自にまとめたものです。
フロアコーティングや業者の内容など詳細は必ず各公式サイトをご確認ください。
▲ページトップへ