フロアコーティングの種類パーフェクトガイド
目的・予算にあったフロアコーティング選びをサポート

サイトマップ

水性アクリルコーティング(フロアマニキュア)

フロアコーティングの種類より、アクリルによるフロアコーティングの特徴・ポイントをはじめ、おすすめ商品や口コミを紹介します。

水性アクリルコーティングの特徴

アクリルコーティングは、フローリングの最もべーシックな保護方法である、ワックスの上位版的な存在のフロアコーティング。水性アクリルコーティング、フロアマニュキアといった名称で提供されています。

ワックスよりも効果が長く持続する

ワックスとの一番の違いは、効果の持続性。ワックスは、数ヶ月ごとに再度かける必要がありますが、アクリルフロアコーティングは1、2年くらいまでの効果を期待することができます。しかし、UVやガラス、ウレタンなどによる本格的なフロアコーティングまでの丈夫さ、耐摩耗性は期待できません。アクリルフロアコーティングが優れるのは、あくまで光沢を出す効果です。

さらに「コストが安いので何度でも気軽に施工できる」「後日に他のフロアコーティングをしたくなったとしても簡単に剥離することができる」というメリットがあります。

アクリルフロアコーティングやフロアマニュキアのデメリットとしては、耐久性のほか、耐水性、耐薬品性の弱さがあります。水や洗剤で掃除することができませんし、特にペットを飼っている人は、おしっこ、歯や爪によるダメージなどに注意する必要があります。

【おすすめポイント】

  • 予算は目安として1㎡あたり1000円と、最も費用がかからないフロアコーティング
  • 好みの仕上がりに合わせて、光沢、ツヤが調整しやすい
  • 簡単に剥がすことができるので、塗り直したり、他のコーティングをしやすい

水性アクリルコーティングのおすすめ商品

製品名(会社名) 特徴 耐久年数
スタンダードタイプ アクリル施工
(グリーンジャパン)
ウレタンに比べてローコストでも、優れた光沢と保護効果を期待できる。 1~2年
フロアマニキュア・ナノ
(スリーエスコーポレーション)
摩耗、水、薬品など、あらゆる生活ダメージに対する優れた保護性能。 10年

水性アクリルコーティングの口コミ・評判

犬が走りまわるリビングに関しては、さすがに細かな傷がついています。でもほとんど気にならないくらいです。もしも施工してなければ・・・と思うと恐ろしいです。

以前までは毎月のようにワックスをかけていたのですが、だんだん面倒になっていました。フロアマニュキアをしたら本当に楽になりました。

あまり長く持たないという弱点は承知していましたが、まずは床のツヤ出しがしたかったのと価格がリーズナブルだったのでアクリルコーティングを選びました。

最初は、「アクリルでフロアコーティングなんで、ワックスと変わらないのでは・・・」と乗り気ではありませんでした。でも調べると、かなり耐久性や安全性を高めた製品も見つかったので、依頼することにしました

~ご確認ください~
このサイトに掲載している内容は、インターネット等の情報をもとに個人が独自にまとめたものです。
フロアコーティングや業者の内容など詳細は必ず各公式サイトをご確認ください。
▲ページトップへ