フロアコーティングの種類パーフェクトガイド
目的・予算にあったフロアコーティング選びをサポート

サイトマップ

マンションの場合

マンションのフローリング・床に適したフロアコーティングの種類について紹介します。

マンションのフロアコーティングの注意点

マンションを購入すると、オプション会でフロアコーティングを案内されるケースが多いようです。オプション会の指定するものは、ほとんどがウレタンコーティングです。なぜウレタンかというと、「簡単にコーティングを剥がすことができたり、臭いが残らないためクレームになりにくい」「材料費、施工費が安価で、利益を高く設定できる」といった、主に販売会社側の都合によると思われます。

しかし、入居者側からすると、ウレタンコーティングは光沢も控えめであり、UVコーティングやシリコンコーティングよりも耐久性が低く剥がれやすいなど、弱点の多い施工方法です。オプション会を利用するメリットを強いて挙げると「入居するときに、フロアコーティングが済んでいる」という利便性に限られると言えます

マンションのフロアコーティングの必要性

一般にフローリングには、これまで合板(ベニヤ板)の表面に突板(1~2mmの表面板)を貼った複合材が使われてきました。しかし、近年は突板ではなく、印刷した多層フィルムを貼ったシートフローリングが多く使われるようになりました。面倒なワックス塗布が必須だった、突板仕上げのフローリングが少なくなった結果、表面がひび割れてしまうという心配は少なくなりました。

一方で、シートフローリングは水分の吸収力が高いため、汚れが付着しやすくなるというマイナス面も出てきました。さらに、ひび割れしない柔らかい表面というのは、ちょっとした衝撃で凹み、傷がついてしまうというデメリットもあります。そこでフロアコーティングを施工することにより、汚れの付着を防ぎ、床の表面を保護すれば、より快適な住まいを実現できるわけです。

マンションにおすすめの溶剤種類

長期的に考えるならば、マンションのオプション会で提供されるウレタンコーティングではなく、外部の業者を自分で見つけてUVコーティングシリコンコーティングを依頼すべきです。耐久性、耐水性、耐薬品性、耐熱性、硬度、速乾性、安全性など、多くの面で性能が上回るからです。

~ご確認ください~
このサイトに掲載している内容は、インターネット等の情報をもとに個人が独自にまとめたものです。
フロアコーティングや業者の内容など詳細は必ず各公式サイトをご確認ください。
▲ページトップへ