フロアコーティングの種類パーフェクトガイド
目的・予算にあったフロアコーティング選びをサポート

サイトマップ

一戸建ての場合

新築のフローリング・床に適したフロアコーティングの種類について紹介します。

一戸建てのフロアコーティングの注意点

まず、新築のフローリング・床をキレイに守りたいのであれば、入居前にフロアコーティングを済ましておくことがおすすめです。

その際、チェックしておきたいポイントは、すでにワックスが塗られている場合があるということです。このような場合は、いったんワックスを剥離してからでないと、フロアコーティングをすることができません。ワックスの剥離作業費が発生することもあります。

また、フロアコーティングを行う場合は、数十年後の塗り替えについても考慮すべきです。どの種類のフロアコーティングも、基本的には将来の塗り替え(再施工)は可能ですが、それぞれでコストや手間が変わってきます。

水性のウレタンやガラスコーティングは、再施工前にアルコール拭きなどで済むので簡単。一方、シリコンやUVコーティングは、塗料の上塗りができないため、研磨作業を行う必要があります。こうした理由から、かかる金額にも差がつきます。

一戸建てのフロアコーティングの必要性

床の美観に対する考え方は、人それぞれ。なかにはワックスで充分ではないかという意見もあるかもしれませんが、やはり新築のフローリング・床にはフロアコーティングをおすすめします。ひび割れ、日焼けなど、物理的な劣化が抑えられるだけでなく、日々の掃除や手入れが楽になりますから、忙しい人ほどフロアコーティングのメリットを享受できるでしょう。

また一戸建てを購入する方には、おじいさん、おばあさん、あるいは小さな子どもなど、家族で住むケースも少なくないでしょう。フロアコーティングをすることで床を滑りにくくしたり、汚れを取れやすくしたりできるので、暮らしの安全性を保つと同時に、メンテナンスもしやすくなるはずです。

一戸建てにおすすめの溶剤種類

一戸建てに適したフロアコーティングの種類としては、ガラスコーティングがおすすめできます。耐久年数は、他の溶剤種類のなかでも長いほうですし、対薬品、耐水性はもちろん、耐熱性(床暖房にも対応)もありますから、トータルな性能に優れています。また仕上がりの面でも、ツヤアリ、半ツヤ、ツヤ消しなどから、好みの通りに調整しやすい点もおすすめです。

~ご確認ください~
このサイトに掲載している内容は、インターネット等の情報をもとに個人が独自にまとめたものです。
フロアコーティングや業者の内容など詳細は必ず各公式サイトをご確認ください。
▲ページトップへ