フロアコーティングの種類パーフェクトガイド
目的・予算にあったフロアコーティング選びをサポート

サイトマップ

よくある失敗やトラブルは?

フロアコーティングをするにあたって、業者選びは重要です。ここではフロアコーティング業者に関するトラブルについて、ポイントをまとめました。

フロアコーティング業者の「技術」と「姿勢」に注目

フロアコーティング業者に関するトラブルについて、技術不足によるものと、行動や姿勢によるものとに分けて紹介します。

業者の技術に問題があるために起こるトラブル

●トラブル事例1:異物が混入した

フロアコーティング塗膜の内側に、ゴミや毛髪が塗り込められてしまっている不具合がよくあります。モップに付着していたのをそのまま塗り込んでしまったり、塗膜が硬化するまでの間にゴミが落ちてしまったりといったことが原因です。この場合、問題個所を削って再塗装することで対処します。

●トラブル事例2:塗膜とフローリングの密着不良

フロアコーティング塗膜とフローリングがしっかりくっつかないことがあります。フローリング表面に付着したワックスなどが完全に除去できていないことが、ほとんどの原因です。その他、塗料そのものの密着力に問題があったり、フローリング自体の性質のせいで、塗膜が密着しないこともあります。

これは根本的に直すのが難しい、シビアな不具合です。しっかりしたフロアコーティング業者であれば、施工にあたって「フローリングとコーティングの相性」をきちんと確認してくれるので安心です。

●トラブル事例3:塗膜が固まらない

ガラスやシリコンなどの反応により硬化するタイプの塗料については、塗料そのものが不良を起こしているケースや、湿度や気温の関係で反応が進まず硬化しないケースがあります。時間をおいて様子を見るか、すべてを拭き取ってやり直すことになります。

●トラブル事例4:厚みが場所によって顕著に異なる

塗布する塗料の量にバラつきがあるという、単純な理由でおきることがほとんどです。これは職人の技術不足が原因です。具体的には、モップを走らせる速度が一定でないためにそうなってしまいます。

業者の仕事に対する姿勢から生じるトラブル

●トラブル事例1:建具や家具を壊したり、汚されたりした

幅木(壁と床の取り合い部のこと)周りやドアなどでありがちです。原則的には養生をきちんとしていなかったり、機器の取り扱いが雑だったりという、施工スタッフのミスによっておこるものです。施工業者に補償してもらいましょう。

●トラブル事例2:異臭騒ぎが起きた

溶剤の臭いが近隣にただよってしまい、異臭騒動になることがたまに起きてしまいます。

これは周知を怠ったことが原因です。特に集合住宅の場合は、事前にかならず管理会社にフロアコーティングを施工することを連絡しておかなくてはなりません。

●トラブル事例3:近所からクレームが入った

「マンションの駐車場に、無断で作業車を駐車した」「施工中の新築住宅のトイレを使用した」「威圧的な態度をとられた」「大勢で路上で喫煙していた」など、フロアコーティング業者がルールを無視したり、礼節を欠いた施工業者の行動で評判を損ねてしまうというトラブルがあります。

最後に、改めてフロアコーティングをするにあたって、業者選びが重要なことを強調しておきます。長く付き合うフロアコーティングだからこそ、施工実績・ノウハウを持った信頼できる専門業者を選ぶようにしてください。

>>フロアコーティングで失敗しない!信頼できるおすすめ業者比較ガイド<<

~ご確認ください~
このサイトに掲載している内容は、インターネット等の情報をもとに個人が独自にまとめたものです。
フロアコーティングや業者の内容など詳細は必ず各公式サイトをご確認ください。
▲ページトップへ