フロアコーティングの種類パーフェクトガイド
目的・予算にあったフロアコーティング選びをサポート

サイトマップ

価格で選ぶ

価格でフロアコーティング種類を比較。選び方やおすすめの種類、商品も紹介しています。

フロアコーティングの種類別・価格相場や特徴をチェック

フロアコーティングで最も気になるポイントのひとつが、やはりコストではないでしょうか。ここではフロアコーティングの価格相場を、コーティング剤の種類別に調べてみました。

溶剤別・価格比較表

フロアコーティングの種類 平均価格/1平米あたり 施工費用の目安
UVコーティング 4,500~5,000円前後 20万円~30万円台
ガラスコーティング 3,500~5,000円前後 15万円~30万円台
シリコンコーティング 3,000円前後 15万円~25万円程度
ウレタンコーティング 2,000円前後 10万円弱~20万円弱
セラミックコーティング 3,000円~4,000円前後 18万円~24万円
ダイアコーティング 5,000円~8,000円前後 30万円~50万円
水性アクリルコーティング 1,500円前後 数万円~10万円

おすすめ商品

製品名(会社名) 種類 特徴
グッドライフコート 梅
(グッドライフ)
ウレタン
コーティング
高濃度のウレタン樹脂とセラミックをかけあわせることで5年耐久を実現し、耐傷や耐薬にも優れている。
スタンダード抗菌コート
(FSSコート)
アクリル・ウレタン
コーティング
水性ウレタン樹脂を使用し、光沢性にくわえて約3年耐久のあるコーティングができる。
水性ウレタンコーティング
(フロアコートプロ)
ウレタン
コーティング
コーティングの下地材に水性アクリル系ウレタン樹脂を配合したことで、高耐久・高耐水性を実現。

価格が安いフロアコーティングの選び方

価格が安いフロアコーティングの選び方としては、コストパフォーマンスに着目するのがポイント。具体的には、1平米あたりの単価だけではなく、耐久年数も合わせて検討するとよいでしょう。基準としては、10年くらいの効果が期待できるものであれば、費用もそれほど多くかからないのでおすすめです。

一方、すぐに引っ越す予定があるなど、明確な期限がある場合は、耐久年数にこだわらず、単価が安いフロアコーティングを選択してもよいでしょう。

おすすめの溶剤種類

そこそこの耐久年数があり、コストパフォーマンスを重視するなら、数年~10年程度の耐久年数がある「ウレタンコーティング」がおすすめ。

「高くても、それに見合う耐用年数があれば満足できる」という買い物上手な人からは、一回の工事で10年以上、製品によっては30年もの効果を提供してくれる「UVフロアコーティング」「ガラスフロアコーティング」「シリコンフロアコーティング」が評価されています。これらは硬度についても5H以上、最も高いガラスですと9Hの硬さ性能を発揮します。

~ご確認ください~
このサイトに掲載している内容は、インターネット等の情報をもとに個人が独自にまとめたものです。
フロアコーティングや業者の内容など詳細は必ず各公式サイトをご確認ください。
▲ページトップへ