フロアコーティングの種類パーフェクトガイド
目的・予算にあったフロアコーティング選びをサポート

サイトマップ

機能・特性で選ぶ

機能・特性でフロアコーティング種類を比較。選び方やおすすめの種類、商品も紹介しています。

フロアコーティングの機能・特性のポイントは?

フロアコーティングにはいくつもの種類があり、一概に比較したり優劣をつけることができない特徴や長所を、それぞれに持っています。体への安全性は?工事期間は?すべり止め効果は?ここでは耐久性、硬度以外のいろいろな機能から、各フロアコーティングを比較調査しました。

溶剤別・機能・特性比較表

フロアコーティングの種類 施工期間 乾燥方法 刺激臭 滑り止め効果
UVコーティング 約半日 UV照射 微量(当日のみ) ★★★
ガラスコーティング 約1日 自然乾燥 微量(当日のみ)
シリコンコーティング 約1~2日 自然乾燥 微量(当日のみ) ★★★★
ウレタンコーティング 約1日 自然乾燥 微量(当日~数日) ★★
セラミックコーティング 約1日 自然乾燥 微量(当日のみ) ★★
ダイヤコーティング 約1日 自然乾燥 微量(当日のみ) ★★★
水性アクリルコーティング 約1日 自然乾燥 微量(当日~数日)

おすすめ商品

製品名(会社名) 種類 特徴
グッドライフコート 光
(グッドライフ)
UV
コーティング
高耐久(30年保証)・高耐薬・高艶が自慢のグッドライフコート独自のUVコーティング。
シリコンコーティング
(フロアコートプロ)
シリコン
コーティング
あらゆるフローリング材に施工できる耐水性・耐薬品性・耐摩耗性を高めたシリコンコーティング。
UVコーティング
(エコプロコート)
UV
コーティング
摩耗、水、薬品など、さまざまな生活ダメージに対する優れた保護性能を発揮する。

機能・特性に優れた溶剤の選び方

コーティングの機能や特性で選ぶのであれば、値段的にやや高額なUVコーティングやガラスコーティングがおすすめです。上の表で取り上げた、「施工時間の短さ」「刺激臭の少なさ」といったポイントでは他の施工方法に勝ります。

実際にフロアコーティングをした人の声を聞いていると、施工時間の短さも意外に重要です。工事や乾燥待ちのために荷物を外に運び出す、数日部屋が使えないといった状況は避けたいですよね。できるだけ、施工期間が短い種類を選びましょう。子どもやお年寄り、ペットがいる家庭ならば、滑り止め効果も考慮するのがおすすめです。

おすすめの溶剤種類

施工の速さを重視するなら、紫外線(UV)照射で瞬間的に硬化させ、臭いもすぐに消えるUVコーティングがイチオシです。物を外に運びださなくても、屋内で移動させながらフロアコーティングすることもできます。滑リ止め効果を重視するなら、シリコンコーティングがおすすめ。グリップ力が比較的強いコーティング剤です。

~ご確認ください~
このサイトに掲載している内容は、インターネット等の情報をもとに個人が独自にまとめたものです。
フロアコーティングや業者の内容など詳細は必ず各公式サイトをご確認ください。
▲ページトップへ