フロアコーティングの種類パーフェクトガイド
目的・予算にあったフロアコーティング選びをサポート

サイトマップ

耐久性で選ぶ

耐久性でフロアコーティング種類を比較。選び方やおすすめの種類、商品も紹介しています。

フロアコーティングの種類別に耐久性を比較

フロアコーティングは耐久性で選びたいという人のために、種類ごとの耐用年数目安などをまとめました。最もガードが硬く、しかも長期間にわたってコーティング効果を発揮してくれるフロアコーティングの種類を、ぜひ知っておいてください。

溶剤別・耐久性比較表

フロアコーティングの種類 塗膜硬度(※) 膜の厚さ 平均耐久年数
UVコーティング 7H 40ミクロン 20年~30年
ガラスコーティング 7~9H 5ミクロン 15年~25年
シリコンコーティング 3~5H 30ミクロン 10年~15年
ウレタンコーティング 3H 30ミクロン 5~10年
セラミックコーティング 7~8H 不明 15年
ダイアコーティング 7~8H 不明 35年
水性アクリルコーティング 1H 30ミクロン 数ヶ月~2年

※塗膜硬度・・・塗膜の硬さを表しており、JIS規定に基づく引っかき硬度試験により決まります。試験方法は、鉛筆を軟らかいものから順番に一定の条件で塗膜に押しつけ、傷跡ができるまで試験を繰り返すというもの。傷跡ができなかった最も高い鉛筆の硬度が、コーティングの性能=塗膜硬度として示すことができます。

おすすめ商品

製品名(会社名) 種類 特徴
グッドライフコート クリスタル
(グッドライフ)
ガラス
コーティング
大気中にある水分(H2O)との化学反応によって、高硬度の被膜を形成するコーティング剤。塗膜硬度は極めて高く、8H。
ダイアフロアコーティング
(ミシナコーポレーション)
ダイア
コーティング
セラミックとガラスを混ぜ合わせた独自のコーティング剤により、高い密着性を発揮。
ナノグラスコーティング
(森のしずく)
ガラス
コーティング
ナノコンポジット技術で作られたガラスコーティング剤。細かい粒子は床への密着性が高く、ひび割れを防止。

耐久性がよいフロアコーティングの選び方

フロアコーティングの耐久性を評価する際、指標となるのが「塗膜硬度」「膜の厚さ」です。例えばガラスコーティングは、硬度は「7~9H」と他の種類に勝りますが、膜の厚さが5ミクロンしかないため、耐久年数は塗膜硬度7H、膜の厚さ40ミクロンのUVコーティングに劣ります。

ただし、単に長く持つ種類を選べばいいかというとそうでもありません。一番合理的なのは、「どのくらいの費用をかけて、どのくらいの耐久年数を望むのか」という基準を決めて選ぶことです。

おすすめの溶剤種類

溶剤の中でも特に耐久性が高いのが、ガラスコーティングダイアコーティングです。光沢の美しさが特徴的なガラスコーティングは、硬度の高さがトップレベル。家具を移動する際や、ペットの爪から床を守り、傷ができるのを防ぎます。同程度の硬度を持つダイアコーティングも、耐久性が高くおすすめです。

~ご確認ください~
このサイトに掲載している内容は、インターネット等の情報をもとに個人が独自にまとめたものです。
フロアコーティングや業者の内容など詳細は必ず各公式サイトをご確認ください。
▲ページトップへ